スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モササウルスのしっぽ

はじめまして、きしわだ自然資料館専門員のきしもさです。
今回の特別展のお手伝いをしています。

 今回のモササウルス展のポスターやブログのヘッダーに使われているイラストを見て、「自分が知っているモササウルスとちょっと違うな?」と不思議に思った方もいるかも知れません。確かに、いままでのモササウルスとは姿が変わっています。その一番の違いは、シッポのかたちでしょう。これまでは、真っ直ぐ延びた形に復元される事がほとんどでしたが、新発見のされたモササウルスの仲間・プラテカルプスの化石の研究から、シッポがサメのような三日月型になっていた事がわかってきたのです。

mosaoda1029.jpg

 今回のモササウルス展のために、古生物復元画家・小田隆氏と、世界でもトップクラスの恐竜・古生物博物館で知られるカナダ王立ティレル古生物学博物館でモササウルス類を研究する小西卓哉氏がタッグを組み、最新のモササウルス類の復元画を製作しています。また特別展会場では、カラーで描かれた復元画も展示します。

(きしもさ:きしわだ自然資料館専門員)
プロフィール

きしわだ自然資料館

Author:きしわだ自然資料館
FC2ブログへようこそ!

最新記事
特別展「モササウルス」ツイッター
 
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。